「瞑想の効能」カテゴリーアーカイブ

瞑想の効用

こんにちは、ハンスです。

関東は空梅雨気味ですが、
九州での豪雨災害の中にいらっしゃる方々、
また援助される方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、瞑想というものが
ある種の「メソッド」として一般的にも
とり上げられるようになって久しいですが、
ここで改めて
「瞑想の効用」について、見ていきたいと思います。

先日、瞑想を実践している方々の
声を聞く機会がありましたので、そこから
ピックアップしてみたいと思います。

☆瞑想をしてこんなよいことがあった!☆
・心穏やかでいられる時間が増えた
・物事を考えすぎなくなった
・人の目が気にならなくなった
・心配することが減った
・幸福感が増してきた
・肥満体形だったが大幅に痩せた
・夜、よく眠れるようになった
・肌がきれいになった
・自分のことが好きになった
・人を受け入れることができるようになった
・深刻さが減り、物事を楽にこなせるようになった
・直観がはたらくようになった
・人間関係や仕事がうまく回り出した

まだまだありましたが、代表的なものを挙げました。
これらには、大きく分けて2つのことがあります。
一つは、内面的なこと=心のこと。
もう一つは、外面的なこと=体や身のまわりのこと。

これは、幾度も申し上げていますが
内に変化があり、それが外に変化をもたらす
というのが、瞑想の本来の流れです。

最近のマインドフルネス等では
また違った見解があるかもしれませんが、
伝統的なインド由来の瞑想というものは、
働きかける先は、自分の内面です。
内面が好転することで、そのエネルギーや気が
体(器官、細胞)に及んで、健康体になります。
また、生活そのものが健全なものになっていきます。

では「健康になるために」がんばって瞑想しよう!
とすると.. これはちょっと、違った方向に行ってしまう
ことにもなるんですが.. それはまた先の話ということで^^

いずれにしても、
心身ともに、停滞気味
心・気持ちが否定的なことに向いてしまう
毎日の生活にあまり張りがない
等と感じる方は、特にトライしてみる価値があると思います。

瞑想も今は、随分と敷居が低くなりましたからね。
ナイアでのドリシティ瞑想も、その一助になれば幸いです。

 

 
2017年9月10日(日)ドリシティ伝授 瞑想グループセミナー開催


「ヨガ瞑想」と「引き寄せ」の関係

こんにちは、ハンスです。
秋も後半、イチョウが色づく季節になりましたね。

さて今回は、
「ヨガ瞑想」と「引き寄せ」の関係について
ある視点から、ものすごくさらりと(笑
書いてみたいと思います。

「引き寄せ」とは端的に
「あなたの思考が、あなたの現実を引き寄せる」
ということですが、
皆さん、意図して行ったことありますか?
あるいは、自分で気づかず、後になって
「あ、これって、引き寄せてた!」
ということも、あるかもしれないですね。

うまくいくこともあれば、いかないこともある。
でも多くの場合は、文字どおり
“なかなか思うようにはいかない”のでは..?

なぜ、うまくいかないのか..?
そこの部分だけ、さらりと触れてみます。
それは..
「自分が望むものに、
自分自身がどれだけ含まれているか」

逆にいうと、うまくいかないのは
「自分が望まないものに、
自分自身が含まれている」ということ。。

引き寄せ思考をしよう!と思って
いい感じで思考をつくり出しても、
そのあとで
「~な私はダメだ」「どうして私は~なんだろう(否定形)」
「どうせ私なんて」「あの人はいいなあ」etc.

こういった思考が心にのぼり、
その思考を自分で保持してしまうことで、
そちらの思いを、現実として体験していきます。

なぜなら、
頻度が高くて強い、あなたにとって“主(おも)だった思い”
を引き寄せる、というのが「法」だからです。

無意識でいる心は、
そのような思いに対して受動的で
そんな心を含めて「これが自分だ」と思っているので
なかなか思うような引き寄せに至りません。

そこで・・
「心を訓練する、あるいは力をつける」
ということが、必要になってきます。
その一つが、ヨガ瞑想です。

ドリシティ瞑想とは、先述の
「自分が望むものに、自分自身が含まれている」
という感覚を養い、それを日常のものにしていく
ためのものです。

そしてそれは
「自分が望まないものに、自分は含まれていない」
という感覚とも言えます。

つまり、特段、引き寄せを意識しなくても
この瞑想を日常的に行うことで
「自然と、望む引き寄せが起こる」ようになってきます。

これは前回ちょっと書いた、
「自我の私」から「真我のわたし」へ
というところと、大いに関係してきます。

別の言葉でいい替えると
「引き寄せとは、テクニックではなく、あなたの在り方」
ということになるからです。

ぜひドリシティ瞑想で、あなたの望む、
つまり本来のあなたである「在り方」を見つけ出し、
体験していただきたいと思います!

(るなさんのブログでも、
「気づき」や「豊かさ」のカテゴリーで、
引き寄せに関して大事なことが書かれていますので、
参考にされてください)

“個々のスピリットは、
「自らがもつ思考の習慣において、どんなものが支配的なのか」
によって決定されます”
(ブルース・リー)


瞑想の効能

こんにちは、ハンスです。
ようやく、秋らしい気候に入りましたね。

今回は「瞑想の効能」について、
書いてみたいと思います。

人に「なぜ瞑想がいいと思いますか?」
と尋ねたら、最近だと
「ストレスに対処できる」
「脳を活性化させることができる」等
マインドフルネスあるいはNHK的(笑)な
こたえが多いかもしれないですね。

ここでは、ハンス的に応答すると
「自分らしく、いられるようになるから」
という感じかなと思います。

この、自分らしさってどんなものか?
というと..
・気持ちが安定していられる
・人や状況に振り回されない
・内側から、幸福感や愛、優しさが感じられる(←重要!)
そのようなものが、真っ先に挙がってきます。

私たちは普段
何気に、心と一体化しがちです。

心が「考え」に支配されているため
自分が考えること、感じることは本物であり、
そこからくる感覚こそが「私」である
と、信じるまでもなく、信じている感じです。

一言でいうと、瞑想とは
「そこから脱出する方法のひとつ」
ということになるのですが、
なぜそこから脱出する必要があるのかというと、
「そこ」とは「制限」であり「錯覚」
さらにいえば「幻想」だからです。

では思考や感情から抜け出た先に、何があるのか?
それは「自分自身」「ほんとのわたし」
という感覚です。

「感覚ほど儚く、また欺くものはない」と
インドの聖典「バガバット・ギータ」に書かれていますが、
実際、儚くもなく、欺きもしない
「真の感覚」というものがあります。

それが「スピリットである自己、真我の感覚」です。

ドリシティ瞑想は、
それをダイレクトに、短時間で経験できるものです。

諸行がそうである通り
もちろん熟達するには練習が必要ですが
自分がほんらい、持ち合わせているものを
得るのに、時間はいりません。

ただ、必要なのは、気づくこと。
気づきのことを「スムルティ」と言いますが
そのスムルティが、ドリシティを生み出します。

日曜日ナイアのセミナーで、皆さんと
瞑想の効能の核心、「真我体験」をご一緒したい
と思っています!