カテゴリー別アーカイブ: こんな日こそマタ~リしていましょう

こんな日こそマタ~リしていましょう

この地球ではつい半世紀前まで世界中で戦争をしていたくらいですから、
本当にこの世界の人たちは戦争が好きなのだなと想います。
困ったものです。

Bob Marley 「 War♪ 」

Until the philosophy which hold one race superior
And another
Inferior
Is finally
And permanently
Discredited
And abandoned –
Everywhere is war –
Me say war.

That until there no longer
First class and second class citizens of any nation
Until the colour of a man’s skin
Is of no more significance than the colour of his eyes –
Me say war.

That until the basic human rights
Are equally guaranteed to all,
Without regard to race –
Dis a war.

That until that day
The dream of lasting peace,
World citizenship
Rule of international morality
Will remain in but a fleeting illusion to be pursued,
But never attained –
Now everywhere is war – war.

And until the ignoble and unhappy regimes
that hold our brothers in Angola,
In Mozambique,
South Africa
Sub-human bondage
Have been toppled,
Utterly destroyed –
Well, everywhere is war –
Me say war.

War in the east,
War in the west,
War up north,
War down south –
War – war –
Rumours of war.
And until that day,
The African continent
Will not know peace,
We Africans will fight – we find it necessary –
And we know we shall win
As we are confident
In the victory

Of good over evil –
Good over evil, yeah!
Good over evil –
Good over evil, yeah!
Good over evil –
Good over evil, yeah! /fadeout/

ある民族がある民族より優れている、または劣っている
そんな思想が、最終的かつ永続的に根絶され廃棄されない限り
いたるところで戦いは続く
いかなる国においても、市民の間に差別がなくなり
人間の肌の色が目の色と同じく意味をなさなくなるその日まで
戦いは続く

基本的人権が民族にかかわらず
すべての人に平等に保障されるその日まで
戦いは続く

平和の永続、世界市民、国を超えたモラルの法

それらが議論を呼ぶ幻想であるうちは
世界中いたるところで戦いは続く

醜悪で下劣な政治体制が
われわれの仲間を
アンゴラ、モザンビーク、南アフリカで拘束する
それらの政権が打ち倒され、
徹底的に破壊し尽くされない限り
いたるところで争いは続く

東でも戦争が起きている
西でも戦争が起きている
北でも戦争
南でも戦争
戦争 戦争 戦争の噂が聞こえる

勝つその日まで アフリカ大陸に平和は訪れない
もし戦いが必要ならば、我々アフリカ人は戦い続け
そして我々は勝利する

勝利を確信している 善が悪に打ち勝つのを

 

戦争はやられたら、やり返すの応酬で始まるものです。
相手に勝とうとしなければ戦争にはなりません。
この世の中に、勝たねばいけないことなんて何にもないのですから。
無論、生命が脅かされるとか、理不尽な扱いを受けるとかでなければ。。。
でもそんな時は別に暴力に訴えなくとも、
はっきりと「嫌だ!」と声を挙げて言えば良いだけのことなんです。

奇しくも今朝のミサイル事件はヨハネの黙示録の幕開けとなった感がありましたね。
ピンポイントでなく、ただ打ち放たれたような弾道ミサイルは、
あたかも狼煙(のろし)が空中に上がっているかのようでした。


そして最近頻繁に起こっている地震も同じ、
この変動エネルギーの一環にあるように想います。


この世界の何もかもが劇的に変化する時期を迎えたのだと

でもこれらのことを私たちひとり一人がどう捉えるかで、
その捉え方の通りに世界が変わって行きます。

ポジティブにもネガティブにも。

負の連鎖を起こさないためにも私たち一人ひとりが生命を慈しみ、
今ここに在る生命を堪能しましょう。


全ては今ここの生命の内にある世界なのですから。

そして少なくとも私はネガティブな世界を選択しませんけれど。。。

マタ~リしてください
Steve Khan & Donald Fagen  「 Reflections♪ 」