カテゴリー別アーカイブ: ホテル・カリフォルニア

ホテル・カリフォルニア

まずはこの曲から

 

EAGLES 「Hotel California♪」

「暗い砂漠のハイウェイで 冷たい風が髪を撫でる
砂漠の花の匂いが 空気の中を立ち昇る
遠くの方に 揺らめく光を見た
頭が重くなり 視界が暗くなり 今夜はもう休まなくては
扉の前に彼女は立っていて 教会の鐘の音が聞こえた
自分に問うてみる これは天国か それとも地獄なのか
すると 彼女はロウソクを灯し道案内をしてくれた
回廊に響くたくさんの声を僕は聞いたんだ

ホテル・カリフォルニアへようこそ
とても素敵な処です
とても素敵なあなた
ホテル・カリフォルニアにはたくさんの部屋がありますよ
そして年中無休です

彼女 の心はティファニーの螺旋のよう 

ベンツも持っているし
友達という名のたくさんのイケメンたちに囲まれて
庭でダンスする 甘い夏の思い出
昔を思い出すために踊る人もいれば 何かを忘れるために踊る人も
だから店長に電話する ワインを持ってきてもらうようにと
彼は言った 「1969年から切らしておりまして」と
まだ遠くから真夜中でも君を起こすあの声が聞こえるんだ 

ホテル・カリフォルニアへようこそ
とても素敵な処です
とても素敵なあなたへ
みんなホテル・カリフォルニアで楽しく暮らしています
驚くべきことに あなたのアリバイまで用意しますよ

天井の鏡に 冷えたピンクのシャンパン
彼女は言った
「ここにいる人はみんな 自分自身に囚われた囚人なの」
支配人の部屋で祝宴のために集まる人々
鋼のナイフで刺しても猛獣を殺すことはできない
覚えている最後のことは
俺がドアに向かって走っていたこと
元に自分がいた場所へと
戻る道を見つけなきゃならなかったんだ
「落ち着け」と夜警は言った
俺たちはいろんなことを受け止めるような仕組みになっている
ここからチェックアウトすることはできても
出ることはできないってね」

 

先日これと同様の夢を観ました。

身の周りにいる人々すべてがマトリックスの住人なのだと

自覚し、焦りまくってなんとか目覚めさせようとするのだけれど

それも叶わず最後は一人この世界から飛翔する
という結末で目を覚ましたのでした。

この夢から解かったことは結局は私たち一人ひとりが目覚め

この世界から魂の自由を得
、自分の力で飛び立つしか方法がないというものです。

誰かが先達として飛び立てば
必ずみんなはその後に付いて来るということを信じて

先駆けとして成るほか方法はないと悟ったものでした。

みなさんにも今日も良い1日が訪れますように

Kokopelli∞☆