カテゴリー別アーカイブ: 一人ひとりの世界は違う

一人ひとりの世界は違う

今年はどういう星の巡り逢わせか、
イヴの24日が日曜日、
今年最後の締めの31日が日曜日と
なんだか、さも神々が申し合わせたような
ドラマティカルな祝祭日続きです。

でも、そのように感じているのは
この私だけなのかも知れません。

人は皆、自分に都合の悪い現実は見ないように、
自分が理解できないことも自分の世界の中に
入れようとはしません。

過去の常識(観念・概念)が、
決して今の常識ではないように、
今の常識も未来の常識ではないのです。

空に遍く星々と同じように、
人にはその人固有の波動があり
人はその波動の範疇の中で生きています。

一体どこまでその波動を広げるのか、
あるいはその波動の強さもも個性そのもの。

でも、どんなにその波動が無限大に広かろうが、
それでも結局、人はその波動の範囲の中で生きているのです。

波動が似通った人とのコミニュケーションは
気持ちが通じて価値観も同じで
共に暮らすには最適と思うのでしょう。

そういう人たちが共に暮らせば
仲の良いカップル夫婦となります。

ですが常に変化し続ける人の波動は
まったく同一とはならない相手とは、
波動の揺らぎが生じ、その振り幅が大きくなると
破局へと導かれることになるのです。

ですが個人的には皆さんには・・・・
色んな人と知り合って、たくさん恋をして
傷付け傷付き合った方が良いように思います。
傷付けば傷付くほどに魂は磨かれるのですから。

人をいっぱい好きになることは
恥ずかしいことでも悪いことでもありません。

もし仮に、次々と気持ちが変わったとしても
最終的に本物の番の相手に巡り逢えれば
それで良いのだからと、そう想えるのです。

気持ちが変わることが必要な時もあります。
相手を思い続けて心を閉ざしていては
苦しいだけです。

でも、たった一人の運命の相手にいきなり
出逢うという幸運に恵まれた人もまたいるのが
天真爛漫、奇想天外、優柔不断なハプニングも
在り得るという神の世界ではならのことです。

そういう意味合いではこの世界は楽しいです。

日々の流れの中でいつもはスルーする
 voice からのメールで見たこの動画も
必然だったと感じたのでこれを公開しようと想います。

☆「バシャールの世界は見えた通りでは・ない」 喜多見 龍一

viceの宣伝するつもりではありませんが
動画はvol.1~vol.3まであります。
興味がある方は検索して御覧ください。

皆さんが、良いお年を迎えられますよう心から願って
今年最後の祝福の言葉といたします。

 

2017年12月31日      kokopelli∞☆拝