カテゴリー別アーカイブ: 愛することで自分が生かされる

愛することで自分が生かされる

「The End Of The World♪」

もうすぐ父の日がやってきます。
一説ではこの歌は亡くなった父親を
偲んで作られたと言われていますけれど
真実の程は分かりません。

けれどこの曲を聴くたびに、
たとえ身体が無くなったとしても
人は他の人の思いで生かされている
と云うのがよく解かります。

ハッとする程キレイで、
時には物凄く残酷で、
けれど温かな世の中にあって、
生まれて生きて死んでいくことに
もしも意味があるならば、
それは愛すること、愛されること
なのかも知れません。

残された時間全てを、たとえ短くても
愛することに使いたい。
愛することで傷付いたり、
傷付けることがあっても
その痛みさえ愛の一部分なのだから。

欲はあっても欲には捕らわれず、
苦しみが歓びの一部分であるように、
死が生の一部なように、
ブレがなく、迷いがなく
どこまでも真っすぐで
折れてしまうことがあっても、
曲がることがない
そんな愛を携えて生きていきたいと
いつも想います。

Helen Reddy  「You And Me Against The World ♪」

テレビは付けなくとも
パソコンを開いただけで
目に飛び込んでくる残酷な
拷問によって亡くなった幼い女の子。
彼女はきっと
こんな風に愛されたかっただろうな
と云う思いを込めてこの曲にしました。

もし皆さん一人ひとりが
自分の周りにいる家族や親せき
あるいは御近所の人たちと
きちんと向き合って

愛していれば、その愛の環はきっと
人を介して全世界へと拡がります。

虐待を失くすことも必要だけれど
愛を拡げることが根本の
解決になると想います。

怒りや不満をぶちまけたり、
人を批判したりは気分が悪くなり、
逆に頭や心に愛があると
気分は爽快です。

皆さんもお天気や周りの状況に左右されない
この爽快な気分を持ち続けていただけたら
いいのになと願っています。

今日もステキな一日を。。。