カテゴリー別アーカイブ: 愛に満たされる

愛に満たされる

凄かったですね、先の都知事選挙。
ドラマティックなオペラを観劇しているような気分でした。

小池さん一人だけオーラ(心意気)が輝いていたのにも
興味深かったです。

運命の流れにのると云うことは、こう云うことなのだと、
彼女は正にその見本です。

自分自身に信頼があり、依って他には惑わされない。
自民党の嫌がらせにも虐めにも、取り合わず相手にしない。
そんな大人の女性の対応がむしろ、自民党の大人げなさ、
幼稚さを浮き彫りにしましたね。

母心を持つ彼女には、向かい打つ敵なしと
言った観がありました。
下世話な次元には堕ちない、むしろ堕ちた人たちを引き上げる
くらいの力を感じます。

これからもっと女性が世の中に打って出て活躍する時代が
やって来たようです。、
今回の彼女のドラマはその狼煙(のろし)を揚げた第一幕です。

母親が自分の子供を虐待し殺してしまう、そんな世の中に
あって、人々の心から生命そのものを慈しむ気持ち
(母性)が薄れてきているように感じます。

母親の中にも家族の中にも、そして社会にも愛は必要です。
母性は一人ひとりの心の中に必要です。

多くの人たちが同じように
愛で満たされると云うことを知らない人は孤独です。
彼らはその変わりになるものを自分の外側に
地位とか名誉とか財産など、形あるものに求めます。
彼らは愚かで浅はかで、人としての器が小さい。
当然、視野も狭く見識も教養も浅く、未熟です。
たとえば安倍総理を始め、両サイドにいつも控えている
誇らしげなワンコのような人たち。
そんな彼らは傍から見ると裸の王様のようでとても憐れです。

愛に満たされていると、自分の外に何も求めなくなるものです。
そこには批判もなく、怒りもなく、傲慢さもなく、
まるで今の小池さんが御手本のようです。

愛情と云う形のないものが、命あるものすべてには必要です。
弱者しか相手にできない人たちには愛と云う本物の強さがない。

封建的な国の弱い立場にいる女性や子供たち、
それから基地問題で虐待を受け続けている沖縄の人たち、
彼らのことがいつも心の奥にあります。

国政を司る方々、そして世界中の皆さん一人ひとりの
心に愛が降り注がれますように。
心が愛で満たされますように。

最後に今日はオリンピックが開催されたということで
ボサノバをお贈りします。

「You are so good to me♪」Celso Fonseca & Ronaldo Bastos