カテゴリー別アーカイブ: 秋は芸術がよく似合う

秋は芸術がよく似合う

およそ1.500年前の人類にとっての
神創生の世界の調和を知るための学問は
天文学と数秘学と幾何学(アラベスク)と
音学でした。

その中でも
もっとも私たち人生の身近にあるのが音楽です。

音楽は感性そのものの産物です。
その感性は神の見業そのものです。

中でも取り分け
感じている世界を垣間見せるクラシック音楽は
感性がヴィジョンとなり、
千変万化の森羅万象が不思議な整合で
バランスするこの世界の
信じ難く緻密で捉え難い壮大な摂理を
人の目に映る現象としてリアルに伝えて来るのです。

音楽はどれもが喜怒哀楽を分かち合う
常に共にある友人のようなものです。

ですが
都会に暮らす私たちにとっては
天は遠く空はちいさく
そもそも夜空を見上げること自体も
少ないのではないでしょうか。
音楽と同じに天はいつもそこにあるのに。

いよいよ明日は68年ぶりの
最接近super full moonが
見られます。
私たち地球人にとっては
おそらく人生に1度か2度の経験です。

天命があり、今ここに生きてこそ
空の星々や音楽を楽しめるというもの。
神からの祝福に感謝して
明日の夜空に輝くLunaに感謝して

CLAUDE DEBUSSY 「CLAIR DE LUNE♪」