カテゴリー別アーカイブ: 身体をもって神とひとつになること

身体をもって神とひとつになること

今年は本当に変動の多い年です。

宇宙も世界も、そしてそこに生きるもの全てが
混乱している様子が日々刻々伝わってきます。

世界中に伝わってハウリングを起こして
パニックが更なるパニックを増加させている
そんな感じさえします。

そんな人々の動揺が基点となって
世界戦争はもう既に始まっています。

かつてアメリカがイランの核施設に
サイバー攻撃をかけたのは周知のこと。

私たちの生活に欠くことのできない
電気(原発)や水(ダム)が
コンピューターで制御されている時代にあって
サーバーを乗っ取るこのなんてとっても簡単

普段、私たちが目にすることがないところで、
一個人が、一国が、利益のために
サイバー戦争とか
対テロ戦争などが既に行われているのです。

表向きは軍事援助と言っていますけれど
対テロ戦略はアメリカの軍事産業を太らせる
とっても安易な方法です。

でもそこでグローバルなものの見方ができれば
もう個人の利益を追及している時ではないと
気が付きます。

もうそんなことをしている場合ではない
結束しないと今のこの時をやり過ごせない
そんな、時の危うさを感じるのです。

個人的なことを言うと
心深くにある想いでは人が愛おしいと感じます。
ですが
実はエゴに塗れた利己的な人たちが嫌いです。
個人的に誰それが嫌いと云う訳ではないのですが
突きつめてみれば、そのようなエゴが嫌いなのです。
そしてエゴが顕在するこの世界が嫌いでした。

で、ここでふと想ったのですが
これじゃぁ、この世界は成就しない昇華しないって

何故って、
私はこの世界のただ一人のヒーローなんですから
私が肯定的に前向きにならない限りは
この世界は前向きにはならない。

観劇者は誰もおらず
みんなが皆、このドラマの演じ手で
ヒーローでありヒロインなのです。

そのことを私たちひとり一人が
きちんと理解しない限り
戦争ばかりに耽っていた
この世界の歴史は永遠に変わることがありません。

エゴも神の世界が抱えた内側にあるものです

そこで
神の世界を実現したいなら、今ここの世界と
ひとつになること。

暴力を目にするからこそ非暴力な世界を求め

神から離れパートナーとも離れているからこそ
ひとつになることを熱望し

愛を失ったからこそ取り戻したいと想う

全てから離れているからこそ、1つになりたいと願う

忘れているからこそ目覚めたいと感じる

それには生きながらにこの世界とひとつになること
だと想うのです。

たとえば社会貢献度の高い企業に投資するという
システム、インパクト投資などがあるように

知力が長けている人間は
この星を生かし、更に大自然を保全できるような
何らかの前向きなアイデアを想いつくというものです。

Bread 「if♪」

母なる地球
私はいつでもあなたと共に

台風が火曜日あたりにストライクしそうです。
風は何もかも、人の想いさえも一掃します。
風は気持ちが良い、楽しんでみてください。
水害とかは嫌ですけれどね。