カテゴリー別アーカイブ: ベジタリアンについて

ベジタリンアンについて

マクロビオティック

今回はベジタリンについてです。

菜食が善で肉欲が罪なのかという話は、宗教の倫理にお任せするとして・・・。

今は春真っ盛りで花粉が飛んでいる時期ですね。
そんな中ベジタリアン(菜食者)に花粉症は殆どいないとように思います。

本物のヨギたちは皆一応に徹底したベジタリアンで
花粉症を発症している症例を未だに見たことがありません。

これは私の推測ですが、家畜たちはホルモン剤や抗生物質、
あるいは化学飼料にまみれているので、
花粉がそのケミカルなものと化学反応を起こしているのではないのかな~と思います。

それに動物の持つ想念というバイブレーションは
私たちの細胞にも浸透しようとするので
彼らの肉を体内に取り入れると抵抗が起きるのです。

私たちも含めた、生き物たちが出す怒りや悲しみの想念波動は
人の細胞をも破壊する威力を持っています。

私たちの細胞が親近感を持たないような波動の食物を
食べたために起こるのが病です。

よくベジ系の世界で言われる、肉食の人たちは動物臭いというのはよく言い当てて妙です。
それは体臭の話ではなく、雰囲気や、バイブレーションを感じるからです。

実際に見た感じも、怒りのオーラを肝臓辺りに持っていて
怒りっぽい人という印象を受けることがあります。

おそらくは肉を体内に取り入れることによって
彼ら(動物)のバイブレーションと同調しているからだと思います。

だからと言ってベジ系の人がみんな純粋で平和で穏和という訳はありませんよ。

逆に、ベジタリアンという菜食主義にこだわりを持っている人の方が
暴力的でも在り得るのですから。

(人はこだわりや、執着を持つと、自分を守ろうとしはじめます。
結果、自分にも周囲にも暴力的になってしまうのです)

それに随分と前からですが、
アメリカの頭脳集団と言われる人々は皆ベジタリアンです。
身体を気遣ってそうなったと言われていますが彼らは目覚め創めている、
そんな気がします。

でもそれと同時にアメリカには、
この星で原爆を最初に兵器として使った国としての
暴力的な想念のパワーも未だに窺えますが。。

 

またこの世の中には1日1食の人や、不食の人たちもいます。

ちなみに不食の人たちは、この惑星やピラミッドや磐倉が出している波動
7.83MHzのシューマン・レゾナンス(シューマン共振波)を出している人たちだそうです。

シューマン波の中にいて同調するとスプーンが曲がったりしますから
あのピラミッドの石の塊も簡単に持ちあげらるような宇宙のパワーがあるのでしょうね。

要はベジタリアンだとか肉食だとかにこだわりを持つのではなく
想念波動」にこだわっていただければと思っています。

この世界は想念波動でできていて、創造物は全て波動を出しています。

実際にもベジタブルだからと言って、何でも食べればいいと云うものではなく
食べられたくないものは渋みとか苦みを出して食べられないように防御しますし、
逆に食べられたい果物は、どれも甘いですね。

でも人は知力を使って、口にしにくい植物を薬にしたり、
渋みを抜いたりして、何とか食べようとします。

7.83MHzの波動で生きていた縄文人たちは
あまり食べた形跡が残っていないそうなので
現代の私たちが、そこまでして食べる必要があるのだろうかとも思ってしまいます。

もし、今の7億人の人たちが一斉に不食になったら
世の中の価値観が変革され流れが大きく変わるのでしょうね。

 

*シューマン共振波とは
宇宙の因の波動のことをいいます。
次回はこのことについて詳しく書きたいと思います。