意識の変遷

こんにちは、ハンスです。
明日から9月、皆さんどのような夏を
過ごされたでしょうか。

今回のテーマは「意識の変遷」です。

わたしたちは人として
どのような意識をもって生きてきたのか
それが、どのように変化していったのか?

インド哲学には、これに対する
シンプルで明確な回答があります。

最初、
人々は調和と秩序に満ちていた。
それが、
あることをきっかけに
意識の分離が起こった。
一人ひとりがバラバラになってしまった、
と言います。

「私」と「あなた」は別々の存在、
あなたのことを理解するのは難しい。
私のことを理解してもらうのは難しい。

そのため、
人々は絶えず主張し、争い、競い合い、
分裂を繰り返すようになってしまった。
「私」と「あなた」を対立させ
「私」の都合を優先するようになった。

そのような人々が生きる世界を
カリユグ=暗黒の時代
と呼びます。
まさに今が、それに当たりますよね。

そしてこのあと
世界は再び、調和と秩序あるもの
サトユグ=真実の時代
に戻る、と言われています。

それは、少数の限られた世界のはなし
ではなく、世界全体が
目覚めるようになる、ということ。

でもそれは100人中、100人が意図して
目覚めるというより、
「百匹目のサル」現象のように
臨界点から全体と拡がっていく、と。
(百匹目のサル自体は、どうも創作らしいですが^^;)

そして、
この調和と秩序の時代においては
病気は存在しない!と言われています。
るなさんのブログにも
「自分の思考が病を創りだしている」
とありましたね^^

人と調和し、すべてを愛で包みこんでいくような
意識が「目覚めている」状態とすれば、
人と対立し、すべてを分け隔てていくような
意識は「眠っている」状態、と言えるでしょう。

体の眠りと同じく、
起き始めはボーっとしたり
光がまぶし過ぎて、手で遮ったり笑
することもあります、
けれども少し慣れてくると
目覚め状態がいかに心地よいか
いかに幸福なものかが実感されてきます。

この、眠りにいる人間意識を
本来の、あるべき状態へと戻していく
ことが、ヨガ瞑想の目的の一つです。

そんな「目覚め」体験を分かち合う人が
もっともっと増えていくといいなと思います☆

 


ラーキー祭によせて

こんにちは、ハンスです。
関東は梅雨も明け、夏本番ですね!

今回は、8月にインドで行われる祭典
「ラクシャ・バンダン(ラーキー)」に向けて
詩を綴らせてもらいたいと思います。

………………………………………………

最もスイートで
愛に満ちた想いとともに
真のラーキー祭へ 心からのお祝いを

魂のインスピレーションを
実際的な形にするために
気高い気持ち・言葉・行動を一致させ
至高者とのつながりを感じながら
特別な瞑想と 聖なる仕事に臨もう

神の子たちは 愛の糸で結ばれ
奇跡がまつステージへと導かれる

わたしがあなたを認識するように
あなたはわたしを認識するだろう
あなたがわたしを認識したとき
世界は上昇の時代へと入っていくだろう
超然たることばは 魂への慈愛そのもの

彼の愛が 魂を戻し 体を癒す
彼への愛が 悦びと力をもたせ
内と外の世界に 光をもたらす

疑問は愚者の問い 信託は神を採ること
ドラマにしたがい 
よいことすべてが起こっている

至高者は わたしたちと共にいる
考えるな それは幻想ぞ
感じろ これは実在なり
スイートなことばが ハートにこだまする

彼から受けとる 愛と至福の宝を分かち
増やしていきなさい それは無限となる
状況ではなく 至高者を観つづけなさい
それは 真実の体験をもたらしてくれる

この純粋な意図で
わたしたちのラーキーは結ばれ
気高い思いと 魂の願いは現実のものとなる

 

Happy Raksha Bandhan!
Hans


瞑想の効用

こんにちは、ハンスです。

関東は空梅雨気味ですが、
九州での豪雨災害の中にいらっしゃる方々、
また援助される方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、瞑想というものが
ある種の「メソッド」として一般的にも
とり上げられるようになって久しいですが、
ここで改めて
「瞑想の効用」について、見ていきたいと思います。

先日、瞑想を実践している方々の
声を聞く機会がありましたので、そこから
ピックアップしてみたいと思います。

☆瞑想をしてこんなよいことがあった!☆
・心穏やかでいられる時間が増えた
・物事を考えすぎなくなった
・人の目が気にならなくなった
・心配することが減った
・幸福感が増してきた
・肥満体形だったが大幅に痩せた
・夜、よく眠れるようになった
・肌がきれいになった
・自分のことが好きになった
・人を受け入れることができるようになった
・深刻さが減り、物事を楽にこなせるようになった
・直観がはたらくようになった
・人間関係や仕事がうまく回り出した

まだまだありましたが、代表的なものを挙げました。
これらには、大きく分けて2つのことがあります。
一つは、内面的なこと=心のこと。
もう一つは、外面的なこと=体や身のまわりのこと。

これは、幾度も申し上げていますが
内に変化があり、それが外に変化をもたらす
というのが、瞑想の本来の流れです。

最近のマインドフルネス等では
また違った見解があるかもしれませんが、
伝統的なインド由来の瞑想というものは、
働きかける先は、自分の内面です。
内面が好転することで、そのエネルギーや気が
体(器官、細胞)に及んで、健康体になります。
また、生活そのものが健全なものになっていきます。

では「健康になるために」がんばって瞑想しよう!
とすると.. これはちょっと、違った方向に行ってしまう
ことにもなるんですが.. それはまた先の話ということで^^

いずれにしても、
心身ともに、停滞気味
心・気持ちが否定的なことに向いてしまう
毎日の生活にあまり張りがない
等と感じる方は、特にトライしてみる価値があると思います。

瞑想も今は、随分と敷居が低くなりましたからね。
ナイアでのドリシティ瞑想も、その一助になれば幸いです。

 

 
2017年9月10日(日)ドリシティ伝授 瞑想グループセミナー開催