「ヨガ」カテゴリーアーカイブ

意識の変遷

こんにちは、ハンスです。
明日から9月、皆さんどのような夏を
過ごされたでしょうか。

今回のテーマは「意識の変遷」です。

わたしたちは人として
どのような意識をもって生きてきたのか
それが、どのように変化していったのか?

インド哲学には、これに対する
シンプルで明確な回答があります。

最初、
人々は調和と秩序に満ちていた。
それが、
あることをきっかけに
意識の分離が起こった。
一人ひとりがバラバラになってしまった、
と言います。

「私」と「あなた」は別々の存在、
あなたのことを理解するのは難しい。
私のことを理解してもらうのは難しい。

そのため、
人々は絶えず主張し、争い、競い合い、
分裂を繰り返すようになってしまった。
「私」と「あなた」を対立させ
「私」の都合を優先するようになった。

そのような人々が生きる世界を
カリユグ=暗黒の時代
と呼びます。
まさに今が、それに当たりますよね。

そしてこのあと
世界は再び、調和と秩序あるもの
サトユグ=真実の時代
に戻る、と言われています。

それは、少数の限られた世界のはなし
ではなく、世界全体が
目覚めるようになる、ということ。

でもそれは100人中、100人が意図して
目覚めるというより、
「百匹目のサル」現象のように
臨界点から全体と拡がっていく、と。
(百匹目のサル自体は、どうも創作らしいですが^^;)

そして、
この調和と秩序の時代においては
病気は存在しない!と言われています。
るなさんのブログにも
「自分の思考が病を創りだしている」
とありましたね^^

人と調和し、すべてを愛で包みこんでいくような
意識が「目覚めている」状態とすれば、
人と対立し、すべてを分け隔てていくような
意識は「眠っている」状態、と言えるでしょう。

体の眠りと同じく、
起き始めはボーっとしたり
光がまぶし過ぎて、手で遮ったり笑
することもあります、
けれども少し慣れてくると
目覚め状態がいかに心地よいか
いかに幸福なものかが実感されてきます。

この、眠りにいる人間意識を
本来の、あるべき状態へと戻していく
ことが、ヨガ瞑想の目的の一つです。

そんな「目覚め」体験を分かち合う人が
もっともっと増えていくといいなと思います☆

 


ヨガデー2017

こんにちは、ハンスです。
やっと梅雨らしい空になってきましたね。
 
久しぶりのコラムですが、
わたし自身、ドリシティ瞑想のあり方
について考えたり等々、していました。
 
今後のセミナーで
さらに良質なものをフィードバックして
いけたらと思っています。
 
今回のコラムは
ヨガデーについてです。
 
6月21日は夏至、かつヨガデーとなりました。
 
おととし国連で制定された
「International Day of Yoga = 国際ヨガデー」
ですが、世間的認知はまだまだ。
 
そんな中、今年は京都で大規模イベントが
行われました。
 
http://www.jiji.com/jc/pm?id=20170618114202-0024265102
 
東京でも京都と同じ日に
銀座の泰明小学校で、インド大使館主催の
ヨガイベントが開催されましたが、
規模・盛り上がりとも、そこまで及ばず。。
 
京都のほうは、ハンスの瞑想仲間も
実行委員として計画段階から参加し、
毎回ミーティングの終わりは皆で瞑想する
ようにしていたとのこと。
 
平安神宮の参道を「ヨガを行う」ために
一般開放するなんて、ふつうはあり得ない!
等々、たくさん苦労をのり越えての開催だったようです。
 
来年は同規模イベントを神戸で開催ということで
関西からヨガ波が、人々に届くようになるかも?
 
で、去年のこのコラムにも掲載したのですが、
インド・モディ首相の、ヨガデーに向けた言葉が
とても素晴らしいので、以下に再掲させてもらいたい
と思います。
 
激動の時代だからこそ、
まずは自分としっかりつながり、
その安定感で、外とつながっていきたい
と思います。
 
… … … … … … … … … … … … … … … … …
 

ヨガは、私たち
一人ひとりをつなぐ試みです。
 
私たちの世界と、宇宙を
つなげようとするものであり、
体と魂のつながりを
感じさせてくれます。
 
つながるということは
自然の摂理のひとつです。
 
体から魂へとつながること、
ヨガはその媒介となるものです。
 
もし私たちが、
ストレスから解放された
揺るぎない人生を望むのなら、
「揺るぎない、内なる自己」
というものをもつ必要があります。
 
ヨガの実践を通して、
そのような自分自身を
得るチャンスがもたらされます。
 
そして、一人ひとりのストレスを
取り除くことができれば、
社会と世界全体をストレスから
解放されたものにできます。
 
そして、もし世界がストレスから
解放されれば、この宇宙は
平和で幸せな調和のとれた環境の中で
悦びに満ちあふれた場所となるに
違いありません。
 
… … … … … … … … … … … … … … … … …