カテゴリー別アーカイブ: 持つべき拘りは

持つべき拘りは

この世界を知るには、まず自分を知ること

それが
自分を自分たらしめる
自分自身が自分の中に認めた
自分という人としての存在理由です。

自分が自分でいるために捨てられないもので
あなたがあなたで在る故に捨て得ないもの
それがあなたのidentity(個性)です。

あなたは地球人であるとか人間であるとか
宇宙人であるとかじゃなくて

持つべき拘りは
あなたはあなたの核心中の核心であると云うこと
あなたは神の意識の一部だと云うことに尽きる
そう、想います。

この自分に気づくために
日々刻々と変わる自分の波動への
気付きの状態で生きることが必要です。

以前より何度もお話していますが
全ては波動で表現されているこの世界は
自分の中の波動(エネルギーの流れ)をまず知ることで
世界を知ることができるのです。

自分自身を知るために頭で考えても
他の人の知識を寄せ集めても叡智は降りて来ません。

そのためにまず自分の身体を感じること。

自分の中の核心を流れ続ける波動(クンダリーニ・エネルギー)は
皆さんが感じていようがいまいが
常に螺旋を描いて下(尾骶骨)から上(頭頂)へと
各チャクラ(エネルギーセンター)を通って昇華し続けています。
(そしてこの流れが止まると身体は死を迎えることになります)

頭でっかちになって感じることが疎かになっている人
いつも情報に囚われて頭で判断している人
そして情報に振り廻されて疲れきっている人
この流れをしっかりと感じること、これが大切です。

特に心の中に強い傾向の想いがある場合は
それをしっかりと感じること
そしてそれを他人と比較し同じようには扱わないこと
人と違ってもそれは当然のこととして大切に扱うこと
たとえどんな些細なことでも
心が動く時には一呼吸置いて
その心から眼を逸らさず心の眼を使って
心地よいと感じる自分だけの対処法を見出せば良いのです。

ライブ音源でちょっと音がいまいちですけれど
多分インスピレーションだけの improvisation jazz
お届けします。

Brad Mehldau 「 God only knows♪ (beach boys cover) 」