カテゴリー別アーカイブ: tao

tao

奇しくも今ヨーロッパはテロやEU離脱などで
激震が走っています。
イギリスは民主主義を反映してEU離脱を決定した
けれど、社会主義の中国は「それみたことか」と
愚鈍な民衆の民意など取るに足りないものだと
冷笑している様子が目に見えるようです。

2011年3月11日を期にこの星は tao(生命の
始まりであり終わりを示す宇宙の根源的な真実)
へと大きく舵を取りました。
以来、年を重ねるごとに加速度が増し変化著しい
今年は、更にスピード感が増したように感じます。
混乱はこれからも続き、もっと迷走しそうで、
まるで自分の中心と繋がっていないと
激震するこの星から堕落して彷徨うことに
なりそうな気配さえします。

これから、もっと自分に中真の自覚ない人たちは、
地球のテンションが上昇するにつけ、(この
次元から)振り落とされることだと想います。

そのようなこの星から振り落とされないために、
核たる自分の生命の中真にある魂を意識せざるを
得ない状態になりそうですね。

でも自分の中にある生命の根源の中真さえ
意識できれば、それに依って生きながら得る
ことができます。

拠って立つ頼るべきところは、己の生命の中に
あります。
それがこの生命に宿る魂です。

たとえば、2次元世界に生きる蟻たちは目の前の
障害物を迂回し、何とか回避しようとして
堂々巡りや遠回りしたり、あるいは結局、道中半ばで
息絶えたりと、魂を次の段階へと進ませる
taoを知る術さえもありません。

これと同じで、マインドに依るよる自分の世界が
すべてだと思って生きている人は、この地球だけが
宇宙でたったひとつの生命ある星だと信じて決して
疑わないように・・・
常に意識が外に向いているだけで、
真実の姿を目にすることがありません。

そしてもしこれが空間を飛翔する3次元に生きる
鳥たちだったら、2次元に生きる地を這う生物たち
の障害を難無く苦も無く飛び越えることができる
ように・・・
私たち人が己の魂に目覚めると物事が、
目の前の現実が俯瞰した眼で捉えることが
できるようになります。

俯瞰とは、ヨギが言うところの
物事から遊離した視線を持つ、という意味です。

魂は即、意識そのものであり、
魂に拠る意識はこの宇宙空間を洩れなく網羅する
創造主の想念の世界そのものでもあります。

ですから己の魂を意識すれば、それは宇宙意識を
知ることにもなります。
ここで「知る」というのは頭で理解するとか
知識を養うとか、そんな範疇を超えているのです。
己の魂を意識さえすれば、それは即、
この無限の宇宙を丸ごと把握することです。

要は、核があれば視点を変えてこの世界を俯瞰して
覗き見ることもできるようになるということです。
魂における意識は遍くこの宇宙を網羅するからです。

己の核なくしては、意識は外に向いたまま・・・
意識が外側の世界に捉われて、
意識が外に向きっぱなしで生きている人は
自分の内側にある中真の世界を知らず・・・
己のエゴの世界しか知らない人たちは、
周りの人たちを混乱させて自分の世界へと
巻き込もうとします。

そんな間の抜けた世界に捉われずに生きるには、
魔が差す暇も与えない、つまり真に受けないことが
肝心です。
真に受けないとは、受け流すのとは違います。
同じ土俵で勝負しないということで、
わざわざ同じ2次元の世界にまで自分を貶める
必要はありません。
そんな時にこそ意識を俯瞰させることで楽に
やり過ごすことができます。
いえ、むしろ平和な解決へと導かれるような波が
やって来ます。。

さて最後に
本来、宗教とは個々の中にあるものであり、
ヨガ(瞑想)はその宗教性を欠いては
意味をなしません。
ということで今日はこの曲をお届します。

「I Will Follow Him♪」

ついでにもうひとつ

ziggy & stephen marley  「Selassie Is The Chapel♪」