カテゴリー別アーカイブ: 満月に寄せて

今日は1月24日 満月に寄せて

いつも満月になると何故だか、心が満ちるというか
愛に満たされる想いがします。

満月の夜にはオオカミたちが吠えるというのもよく分かる話です。

夜空が晴れた満月に目を向けていると1人のミューズの魂を感じます。

もう身体は遺されてはいないけれど、
その昔そこに存在した魂は今以って
この星を癒し続けているように
感じるのです。

かぐや姫の物語と同じに、
この星に遺された神話の中に遙か彼方プレアデスからやって来た

7人のミューズたちのお話があります。

この真の光の者たちの中の1人によって月は生命を得、
その生命エネルギーの流れが地球の生態系を形成
しています。
自分の生命エネルギーを注いで何かを創造する月には
そのようなミューズの愛を感じるのです。


私たちの月に対する恋い焦がれるかのような想いは、
そんな嘗ての古代に記憶があるからかも知れません。

私たちは今、彼らと同じ強い光を放っていかなくてはならない状況にあります。
何故なら光だけが光の中に存在するように、
愛をもってしか愛を知ることができないのと同じです。


私たちは本当の愛を発揮する時を迎えているのです。


この光(エネルギー)が強くなれば力が現実化します、彼らのように。

高次の波動(愛と歓び)は問題を解決へと導きます。

望むことに意識を向け、望まないことに意識を向けず、
あなた方が心から何を望んでいるのかを感じていただければと想います。

物事をハートで掴むこと(捉えること)、ハートで理解することです。
ハートからの愛を基準に考えるように
宇宙的なものの考えかたができるようにならなくてはいけません。

私たちは今まさに変革の時代の真っ只中にいます。
それはこの惑星だけでなく全太陽系が同じ方向を向いていて、
宇宙における全ては繋がっていて、

惑星は影響し合っているからです。

そして私たちがこの惑星に存在する理由は
否定的な世界に在ってなお肯定的で在る方法を学ぶことにあります。

人生の目的は意識の開発、心と霊的、精神的な開発、
そして人格(徳性)の開発です。


周りが否定的であっても美徳を保っていられるということ、
これは他の星でも起こっていることです。

たとえ他所の星であろうと、人が人たるためには人生すべてが学びなのですから。

私たちの人生の意味とは心と意識の向上にあります。
私たちが高次元に入って行くためには
全てのネガティブエネルギーから解放される必要があります。

低次元のネガティブなエネルギーは今強烈な浄化を求められているのです。

そして自分自身の性質や感情に取り組んでいる
真の意味でのスピリチャルな人たちは、
この新しいエネルギーに
問題を感じてはいない筈です。

でももし現状に問題を抱えているとしたら、
それはまだマインドで物事を捉えているということ。

たとえ瞑想して理解したつもりでいても、
マインドの縛りから解放されてはいないと云う事なのです。

さあ、あなたはどちらでしょう。

Bob Marley 「One Love♪」