カテゴリー別アーカイブ: 魂のゆらぎ

魂のゆらぎ2

魂の揺らぎから免れることができるのは、
「元々揺らいでなどいなかったのだ」と
あなたの中真にある魂の意識に目覚めることです。

そして魂を自覚するには
今この瞬間にとどまり続けることしか方法はありません。

何故って、意識はこの瞬間にしか存在しないからです。

 

今この瞬間の魂の意識を意識すること。

それは死を身近に感じるのか、生きるとか死ぬとか、
そんな極限状態に常に身を置くことでもあるのです。

勿論、極限状態といっても人は常にその状態で生きているので、
それを意識しているのか、していないのかの差だけなのですけれど。

 

そして決して揺らぐことのない魂の意識には
人間の理屈や道理などが通用しないPAWERが秘められているのです。

例えばそれは細胞レベルでDNAを書き換えてしまうような
運命の流れさえも変えてしまうような力を持っているのです。

 

健康食品やサプリメントやアロマオイルなど
人工的(ボディ・コンシャス=身体の意識)な世界に頼らざるを
得ないと想っている人たちが大多数です。

そしてそれらは私たちが辿らなければいけない道すがら。

でも細胞レベルでDNAが破壊される放射能が蔓延する昨今、
今までのような方法では根源的には解決しないと
そろそろ気が付き始めた人たちもおられるのではないでしょうか。

 

さてそんな気が付き始めた人たちに・・・
観念とか概念とかなどの人が創りあげた思考の世界を排除するために・・・
瞑想がお勧めです。

ただし瞑想のスタイルに拘らず、お手軽な方法で良いのです。

一人、トイレに入った時に、電車に座った時に、
カフェでコーヒーを飲みながらなどなど
なるべく考えを挟まない今この瞬間に留まり続けることが肝心です。

気が付いた時で良いのです。

でもその気付きを多く持つように心掛けることも大切です。

そして思考を忌み嫌わずに
思考に囚われている自分を受け入れることも大切です。

 

身を任せることととあきらめることは違います。

あきらめること、そこにはまだ抵抗があります。

あきらめるのではなく受け入れ、身を任せることは、
すべての抵抗と判断を手放すこと。

心の内にあるすべての抵抗から離れていくということ。

そして身を任せることとは、今のこの瞬間を受け入れることです。

 

思考に捉われないためには
思考とはどういったものかをつぶさに眺めていかなくてはいけません。

そこで今日はこれを贈ります。

 

アラン・ワッツ「思考を止めるには?」

 

それでは今日も良い一日を

Kokopelli∞☆