カテゴリー別アーカイブ: destination は my direction

destination は my direction

ほんと、散々言っていますけれど
梅雨時は鬱積感がハンパじゃないです。

様々なモノたちがやって来ては
取りとめのないことをただ垂れ流して行く状態です。
低気圧のせいばかりではなく、
それが連続で頭痛を抱えておられる方々も
多いのではないでしょうか。

別に取り合わなければ何ともないことなのですけれど
日頃、出会いを大切にしたいと思っているこの人の
場合、ついつい訴えを聴いてしまい逆に頭を抱えて
しまいます。

こんな時は要注意なんですよ。
怒りは怒りに、哀しみは哀しみに、
憐れみには憐れみを、
苦悩には苦悩する魂を惹きつけるので、
そうした思いに囚われないよう、
無意識にならないよう、
お互いに気を付けましょう。

身体は分離していて、
当然、人は生まれる時も一人、
身体を離れる時も一人です。

だからこそ逆に、同じに空間に生きている
生命たちとの関係が大切なのだと想うものです。

そして私たち一人ひとりの心の中にある神への愛は
意識しているか、していないかに関わらず
何事にも何ものにも左右されず決して
揺らぐことがありません。

そのような己の中には、
たとえ人としての倫理であろうが、
自分のパートナーであろうがグルであろうが、
ガンとして受け付けない核たる、確たる
魂の自分がいるのです。

それがdestination、命の運びです。
運びには必ずdirectionがあるように
運命は人々の思惑は関係なく、明らかに
realityを以ってpositive(前向き)で
ポジ(陽)なdirection(方向性)が
感じられます。

夢や希望は持つけれどでも期待はしない。

何かに期待感を持つと、
それが実現しなかった場合、
失望感となって力を失います。

それでも前向きな希望は人々に
力をくれます。
夢を実現させるための糧となるためにも
いつまでも希望は持ち続けたいと
想っています。

『Fragile♪』雨からのメッセージ
Stingの曲です。
ここではフリオ・イグレシアスが唄っています。
ちょっと暗めの曲ですけれど今の自民党政権に
反旗を翻したい気持ちを込めてこの曲をUPしてみました。

追加でもう一曲
梅雨時には同じ雨でもこんな明るい曲を聴きたいですよね
THE SOULJAZZ ORCHESTRA「It’s gonna rain♪」

「雨はあんまり好きではないけれど悪くもないさ」
そんなことを唄ってます。